耀子


動物 植物 宇宙 ももクロが大好き

素敵女子を目指してます ( *'ω'* )

記事一覧(49)

明けましておめでとうございます

良いお年を!

2017年最後の日いかがお過ごしでしょうか?私は実家で「笑ってはいけない」を見ながら家族と笑い転げてます。今年は本当にめまぐるしい1年でした!ミスオブミスに始まりマツコ会議、ホリプロなど、ごきげんよーこをたくさん知っていただける機会が次々と … 本当にありがたい1年で。挑戦することが好きな私はとても楽しい1年だった反面、やはり自分がどうありたいか、何をしたいかが明確になってないとやりきれないなと感じました。それは正直まだ見つかってないです。けれど、ここで諦めたりやめたりするのだけは絶対に嫌なのでこれからも挑戦し続けたいと思います。飽き性だし、めんどくさがりだし、興味のあることしか目に入らないと言っても過言ではないんやけど、そんな自分も丸っと受け入れて2018年は幸せな一年になりますよう努めていきたいと思います!(結構適当なところあるけど、大目に見ていただけたら幸いです(T ^ T))と言うわけで来年の目標は「自分が幸せに!」。自分が幸せになるにはその環境を作らなきゃいけないし、周りの人も大切にしたいし、なにより自分を大事にしちゃらんと!2017年はたくさんの方にお世話になりました。そしてファンの方に応援していただきました。何より周りの方に支えていただきました。恩返ししたいけどまだまだ先になるかもしれません。それでも挑戦し続けます。この1年を大事にしよう!それでは良いお年を🌟

ついに …

サムライせんせいいいいい!観に行きました!11/18から公開したのに、約1ヶ月暖めてしまった!やっと観にいけた!実はぶっちゃけると銀幕デビューさせてもらったけど、恥ずかし過ぎて観に行けてなかったのです …へへへ。《サムライせんせいとは》幕末150周年記念作品として製作された映画『サムライせんせい』。原作は、黒江S介の同名コミックス「サムライせんせい」(リブレ刊)。物語は、歴史の教科書でお馴染みの幕末を生きた高知県出身の武士・武市半平太がタイムスリップした現代日本で学習塾を手伝うことで繰り広げられる痛快なストーリー。2015年にテレビ朝日系にてドラマ化された本作が、劇場映画となって登場! 実在の人物・武市半平太とは、優れた剣術家でありながら、黒船来航以降の時勢の動揺を受けて攘夷と一藩勤王を掲げる土佐勤王党を結成した“熱き思想家”。同じ時代を生きた土佐藩の坂本竜馬とは遠縁にあたり、日本の未来の為に奔走した同志でもあった。竜馬の活躍は多方面で語られ注目を浴びてきたが、意外にも半平太の生涯は深く知られていない。本作の主演を務めるのは、現在NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で傑山役を好演中の市原隼人。本作でメガホンをとるのは、『キャプテントキオ』(07)、『新選組オブ・ザ・デッド』(15)の渡辺一志。半平太と同じく平成の世に迷い込んだ坂本竜馬を忍成修吾、平成の世で半平太と関わる平成世代の若者に押田岳、武イリヤ、さらに半平太を助ける佐伯老人を橋爪功が演じるなど、多彩な顔ぶれが脇を固める。(サムライせんせいHPより)銀幕デビューするお話をいただいたのは5月末頃。実は丁度webでサムライせんせいの原作を見てた直後だったから、お話をいただいたときは本当にびっくりしました!何だこのタイムリーな話は!と!!高知の作品なので高知に所縁のある人たちで撮ろうと言う監督さん・プロデューサーさんの意向で高知に下見に来てた時に、たまたま私がマツコ会議に出てたのを見てくださったのがきっかけ。撮影当日はアツい夏の日でした …。私が出演したのは1分もないくらいの尺だったのですが、あのシーンを撮るのに実は5テイクくらいしていました … カメラリハも合わせたら7テイクくらい …。後ろでauの踊り子さんがおられるのですが、ミスをする度に踊り直させるし、緊張が伝染するしで、すごくテンパったのを覚えています。ましてや忍成さんが目の前で動じずに演じられていて尚更テンパるという …初めての映画撮影で流れも分からず、カメラリハなのかどうかも本番なのかどうかも後ろから撮る時どうしたらいいのかも分からないままとりあえずセリフを言う混乱。せめて教えていただきたかったが、聞きに行けなかった私だ(T ^ T)今思えばたった数秒だし、初めてだからそんなに緊張しなくても良かったのになあと思うけど「決めなきゃ他の人も暑いし…迷惑かかっちゃう…」とあわわわわ … 誰もが通る道よそんなこんなで何とか撮り終わり、先月上映開始!やっとこさ先日観に行ったという次第でした(*^o^*)当日は青年団のメンバーでプチ映画鑑賞ツアー!久々に東宝シネマズに行きました(^。^)私の趣向はアクションやSFのように分かりやすい山場と感動シーン、笑えるシーンがある映画が大好きで邦画より洋画派だったからちゃんと落とし込めるか不安だったんだが …そしてなぜこの日にしたかというと、華金だったからという理由もあるが、映画に出演されていた西村雄正さんとまひろさんのトークショーがあったから☺️🌟久々にみた映画は良かった〜!ミーハーながらに高知に来てから教えてもらった「おーい龍馬」で龍馬や武市先生のことを知ってたからそれと重ねながら観るとなおよし …!もちろん、原作も読んでたから「あのシーン …!!!」とひっとり興奮してました!原作や歴史を大切にしてる感じが …一番好きなシーンは武市と龍馬が再開するシーンかな☺️あと、二人が別れるシーン。そして最後の切腹前の西村さん演じる後藤象二郎に言う一言。タイムスリップが昔と今のギャップと感慨深さを生み出してる良い映画なので、まだ観られてない方はぜひ観に行きましょう(T ^ T)✨歴史を知ってればなお落とし込まれるけど、歴史が苦手な方でも分かりやすいストーリーになってます☺️そして映画上映後のトークショー🎤私が関わったのはほんの数分のところでしたが、西村さんは役だけでなく方言指導もされてたので裏側のお話をたくさんお聞きしました😳✨ 撮影時は梅雨の時期だったからその大変さであったり … 市原さんのストイックさであったり …私もトークショーしてみたい!いいなあ!と思いました(T ^ T)✨あの舞台に立ちたいいい!と思ってたら、まさかまひろさんに「あれ、ごきげんよーこちゃんいるじゃない!」と気付いていただき、まさかのインタビューしていただきました( ´;o;` )✨ありがとうございます(T ^ T)トークショー終わりもお忙しい中、写真やお話ししてくださり、とても充実した映画ツアーになりました☺️🌟西村さんやまひろさんとご一緒できるように頑張ろうと思いました!

室戸貫歩の結果 …

先日11/25〜11/26にかけて朝倉から室戸まで約90kmを夜通し歩く企画「室戸貫歩」に参加してきました!この企画は57回目になるがですが、実は高知大学の空手部が主催しています。そして途中無くなりかけた室戸貫歩を復活させた芯のある素晴らしい女性の先輩が4つ上におられるのですが、先日お会いしてきた話はまたどこかで … ( これまたサバサバした上に面白い方でした(^。^) )▶︎歩こうと思ったきっかけ始めのきっかけはごく単純なものでした。この企画、高知大学では伝統あるものとして有名でした。1年の頃から知っていたけど、「誰がそんなマゾ企画歩くんや …」と無関心😑まさか自分も歩くことになるとは …。昨年の室戸貫歩で一緒に活動していた後輩くんたちが挑戦。その姿をみて、「私も来年歩いてみたい!」。そして今年「高知大生のうちに伝統に関わっておこう」という理由と今回一緒に歩いた後輩くんが「付いていきます。」の後押しで参加を決めました。▶︎貫歩に向けて準備は自分なりに一応しました。経験者から「チョコとカイロがいるよ!」と聞いたり、長距離歩く練習で1時間歩いてみたり。この時点では「まあ、いけるっしょ!」な感じ。この後痛い目に合うとは …▶︎いざ、貫歩!!!後輩くんと一緒にレッツゴー!

【大事なお知らせ】