みちのくプロジェクト ship for ship

素敵なつながりが出来ていよいよ、今週末東北に向けて高知を出発します。

毎年10月に行われるみちのくYOSAKOIまつりに参加したり、また美田園第一応急仮設住宅を訪れて交流したりしている「にぎわいボニート」という団体に去年から関わっています。被災された土地に行き、自然の恐ろしい意味での偉大さを感じいつか来るであろう南海トラフ地震について考えているところです。この活動を通じて、高知での防災活動に活かすとともにそれだけではなく、活動をしていく中で自分自身と向き合い何がしたいのか、これからどう進んでいきたいのかはっきりさせたく動いています。まだ手探り状態で見えては来んけど、何となく明るくなってきたように思える。

そんなこの土曜日はみちのくプロジェクト(東北訪問のプロジェクト名)の壮行式が行われました。地域の方を招いての式、またHUG(避難所運営ゲーム)、その後の懇親会と続いていきました。HUGについては避難所を運営するシュミレーションをするボードゲームのようなもので、自分が運営スタッフという設定で周りの人と協力しながら次々くる被災者の方々やイベントを解決していくものです。いかに自分ごととして捉えて運営していくか、また他の人と連携し良さを引き出していくかが鍵となっており、そんじょそこらのボードゲームとは違います。これを地域の方々と出来たことが凄まじいことであり、今後の活動にもつながって行くのだと確信しております。

また募金活動を行い、多くのお気持ちをいただきましたことを大変ありがたく感じております。このお気持ちは必ずや東北のみなさんに伝えるとともに、高知での防災活動に活かしていこうと決意しています。


今週末、いってまいります。 


in a twinkle

高知もえいとこ (*^ω^*) ご都合ございましたらこちらまで twinkleyesy@yahoo.co.jp


0コメント

  • 1000 / 1000